■概要

太平洋戦争では,ソロモン諸島など島嶼部で戦闘が行われました。物資を輸送する船舶が数多く沈没する中,日本海軍は輸送に特化した艦艇を短期間で量産する必要に迫られます。そこで呉海軍工廠で研究・建造されたのが輸送艦です。特殊な構造をもつ輸送艦を量産することは,呉海軍工廠にとって初の試みでした。

本ミニ企画展では,建造に携わった造船官の資料や模型を中心に,一等輸送艦・二等輸送艦を紹介します。

第九号一等輸送艦

 

■主な展示資料

    • 第十七号一等輸送艦文鎮
    • 「一等輸送艦建造ヲ顧ミテ」
    • 一等輸送艦の進水式で使用された斧
    • 「第五号輸送艦甲標的進水試験」
    • 「第百四十九号特設輸送艦 能力試験(第一次)報告」
    • 「第百一号型特設輸送艦主要性能説明書」
    • 模型「一等輸送艦」(50分の1)
    • 模型「二等輸送艦」(50分の1)

■会期

令和3(2021)年3月10日(水)~6月7日(月)
 

■展示会場

大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館) 2階特別展示ギャラリー
〒737-0029 広島県呉市宝町5-20 TEL 0823-25-3047
 

●輸送艦の写真資料を公開します

大和ミュージアムでは,写真資料のデジタル化と公開を進めています。
本ミニ企画展にあたり,データベースに輸送艦の写真資料を追加しました。
また,その中から,「澎湖諸島で座礁した第二十号一等輸送艦」と「第百四十九号二等輸送艦能力試験」の写真を紹介する特設ページを公開しました。
 
澎湖諸島で座礁した第二十号一等輸送艦

澎湖諸島で座礁した第二十号一等輸送艦の写真を紹介します。

詳しくはこちら

第百四十九号二等輸送艦 能力試験

倉橋島大迫海岸(呉市)で行われた第百四十九号二等輸送艦能力試験の記録写真。

詳しくはこちら

 

澎湖諸島で座礁した第二十号一等輸送艦(10枚)

特設ページはこちら

第百四十九号二等輸送艦能力試験(30枚)

特設ページはこちら

※ 特設ページは2021年6月30日(水)までの公開です

※ 写真の転載はご遠慮ください。著作物などへの使用の場合はこちらのページをご確認の上,ご連絡ください。

写真・図面資料の使用について https://yamato-museum.com/?p=2602

収蔵資料データベース https://jmapps.ne.jp/yamatomuseum/