海底の戦艦「武蔵」

大和ミュージアムにおいて、ポール・G・アレン財団より公開について協力いただいた戦艦「武蔵」の探査映像を展示します。

■ 戦没艦艇の探査映像公開の協力について

平成27年および平成29年に実施したフィリピンのシブヤン海での日本海軍艦艇探査時の映像について、館内公開の協力をいただきました。これらの映像は、調査船オクトパス号からシブヤン海へ投入されたAUV(Autonomous Underwater Vehicle)で探査海域を特定し、ROV(Remotely Operated Vehicle)で撮影されました。

■ 初公開の探査映像の概要

平成27年のシブヤン海探査映像には、1200mの海底に沈没している戦艦「武蔵」の姿が撮影されています。大和ミュージアムでは、約7分の未公開の探査映像を公開します。

今回、初公開となる戦艦「武蔵」の主砲塔部分は、映像解析により各部が撮影されていることが明らかになりました。1番から3番の主砲塔の特定ができていませんが、少なくとも1基の主砲塔は、転倒した状態で、主砲塔の構造や内部の一部の機構がわかる映像です。

今回は、未公開映像の部分を速報することを優先し、戦艦「武蔵」の主砲塔を中心に公開するものです。

■ 公開の期間(予定)

平成30年8月1日(水) ~ 12月31日(月)

■ 場所

大和ミュージアム1階 大和ひろば

 

 

 

本映像をご提供くださったポール・G・アレン財団 ポール・アレン氏にお悔やみ申し上げます

2018年10月16日
大和ミュージアム 館長 戸髙一成

We express our condolences to Mr. Paul Allen, who provided us this movies.

October 16, 2018
Kazushige Todaka Director, Yamato Museum