巨大戦艦「大和」の残したメッセージ 『歴史を 未来へ』

館長プロフィール

呉市海事歴史科学館長 ・ 呉市参与

戸髙一成(Kazushige Todaka)

昭和23年4月10日生 宮崎県出身
昭和48年3月 多摩美術大学美術学部卒
平成4年4月 (財)史料調査会理事就任
平成11年3月 厚労省所管「昭和館」図書情報部長就任
平成16年4月 呉市企画部参事補就任
平成17年4月 呉市海事歴史科学館長就任

著書に「戦艦大和復元プロジェクト」「戦艦大和に捧ぐ」「聞き書き・日本海軍史」「『証言録』海軍反省会」「海戦からみた太平洋戦争」「海戦からみた日清戦争」「海戦からみた日露戦争」。

編・監訳に「戦艦大和・武蔵 設計と建造」「秋山真之戦術論集」「マハン海軍戦略」。

共著に「日本海軍史」「日本陸海軍事典」「日本海軍はなぜ誤ったか」。

部分執筆としてオックスフォード大学出版部から発行された「海事歴史百科辞典」全4巻(The Oxford Encyclopedia of Maritime History・2007)に東郷平八郎や呉海軍工廠などの項目を執筆。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.