巨大戦艦「大和」の残したメッセージ 『歴史を 未来へ』

趣旨・基本方針・方向性

大和ミュージアムの趣旨

大和ミュージアム外観 呉市は、明治22年に呉鎮守府、明治36年には呉海軍工廠が設置され、戦前においては、戦艦「大和」を建造した東洋一の軍港、日本一の海軍工廠のまちとして栄え、また、戦後においては、戦前から培われてきた技術が新しい技術と結びつき、世界最大のタンカーを数多く建造するなど、我が国が戦後約10年ほどで世界一の造船国へ発展する一翼を担い、有数の臨海工業都市として発展し、地域の産業発展のみならず、日本の近代化に大きく貢献してきました。

 呉市海事歴史科学館(愛称:大和ミュージアム)は、明治以降の日本の近代化の歴史そのものである「呉の歴史」と、その近代化の礎となった造船、製鋼を始めとした各種の「科学技術」を、先人の努力や当時の生活・文化に触れながら紹介し、我が国の歴史と平和の大切さを深く認識していただくとともに、科学技術創造立国を目指す日本の将来を担う子ども達に科学技術のすばらしさを理解していただき、未来に夢と希望を抱いていただくことのできる「呉らしい博物館」とすることにより、地域の教育、文化及び観光等に大きく寄与することを目的とします。

大和ミュージアムの基本方針

1 歴史的見地

造船技術等を通し、呉の歴史を後世に伝えます。

2 学術的見地

呉が過去から深くかかわってきた科学技術を 新しい時代に生かします。

3 教育的見地

市民が生涯学習を実践していくための環境整備を行います。
平和の大切さを未来に伝えます。

4 まちづくり的見地

周辺施設と調和を図り、人々が集う施設とします。

大和ミュージアムの方向性

1 地域と一体となった博物館

2 呉の歴史がわかる博物館

3 科学技術の素晴らしさ・科学の原理のわかる博物館

4 市民の自発的な学習を支援する博物館

5 人が集まり情報を受・発信する博物館

6 楽しむ場となる博物館

 

ご協力のお願い

 現在、旧海軍、海軍工廠及び市民生活を中心とした歴史資料並びに近代造船を中心とした科学技術資料の収集についてご協力をお願いするとともに、呉市博物館推進基金を設置し、ご協力をお願いしています。
つきましては、当館の趣旨をご理解のうえ、皆様の暖かいご支援、ご協力をいただきますよう心からお願い申し上げます。
 呉市博物館推進基金への寄付の申込みにつきましては、お手数ですが、お問合せフォームにて、ご連絡ください。
 折り返し、振込用紙の送付等ご連絡申し上げます。
 資料の寄贈または資料情報等につきましても、お手数ですが、お問合せフォームにて、ご連絡ください。
折り返し、ご連絡申し上げます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.