呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)では、知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市知覧町)との交流展として「知覧の人々と特攻隊」を開催します。
 
 

■知覧特攻平和会館交流展「知覧の人々と特攻隊」

開催期間:
令和2年2月11日(火)~令和2年3月23日(月)
大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、3月2日(月)から当分の間、臨時休館とさせていただきます。
会場:
大和ミュージアム1階 ガイダンスルーム
概要:
知覧飛行場は,昭和16(1941)年12月,陸軍の飛行学校として歴史が始まり,少年飛行兵や特別操縦見習士官の操縦教育がおこなわれました。そして,飛行場には地元から採用された知覧の人々が事務員や整備員として勤務し,飛行場はとても身近な存在でした。昭和20(1945)年3月末,戦況の悪化により知覧飛行場に特攻隊が進出してきます。女学生は三角兵舎で隊員の身の回りの世話をする奉仕につき,婦人会や小学校の児童は慰問に訪れるなど,特攻基地となってからも交流の機会がありました。本展示では,知覧飛行場の歴史とともに,知覧の人々と特攻隊員との交流を紹介します。
 

■関連イベント 出張講話

「出張講話」は、中止となりました。
 
知覧特攻平和会館に在籍する“語り部”が,特攻の歴史的背景や特攻隊員の遺書・手紙等の特色について解説します。
日時
令和2年2月23日(日) 11時~11時40分、14時00分~14時40分
会場
大和ミュージアム4階 会議室
料金
無料